プロフィール

kozue

  • Author:kozue
  • 「夢はでっかく 根はふかく」
    日々を大切に、
    仲間を大切に、
    好きを大切に。
名言集100
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/06/10(fri) 「いつも自分の足で立つんだ。」

仕事が休みだったのでTSUTAYAに行ってDVDを2本レンタルしてきた。
一本は今年アカデミー主演男優賞を取った「Ray」。
もう一本は岩井俊二監督「花とアリス」。

どちらも面白かった。
まず観たのは「Ray」。
レイ・チャールズの人生が描かれていたわけだけど、とても深い作品でした。
黒人差別、弟の死、失明、音楽、結婚、そしてドラッグ・・・。
どの観点から観ても考えさせられることの多いものでした。
でも特に感動したのは、レイの母親の言葉でした。
失明した我が子に言う台詞がタイトルの言葉。
手を貸すことは簡単だけれども、黙って一人で立たせようとする母。
盲目だけれども馬鹿じゃない、と盲学校での教育を受けさせた母。
この言葉を聞いて、これだ!と私は思ったのです。
障害のある生徒に関わってる私にとって、今私が彼らにしてあげるべきことはこれでした。
一応、これまでもそうやっていたつもりでしたが、より意識すべきだと思いました。
それにしても映画とかってその時の自分の立場によって、気になるシーン違うのが面白いよね。
きっと今の私でなかったら、ここまで気になったシーンではないんだろうなぁと思ったりするから。

そして、「花とアリス」。
この映画はフランス映画「アメリ」的だなぁって思いました。
スト-リーがどうのこうのというより、映像がうつくしい。
鈴木杏ちゃんと蒼井優ちゃんのみずみずしい演技(とても素ぽかった)も素敵でした。
夜中観たので途中で眠くなってしまい、結末がわからないのですが、そんなこと関係ないのです。
ワンシーン・ワンシーンが日常的なはずなのに、それが違って見える。
どんな心の持ち主なら、ここまで日常が美しく、そしてちょっと可笑しく映るのだろう。
同じ風景を見たとしても、人によって、またはその人の状況によって見え方が違うはず。
私も日常がこんな風に私のレンズに映るよう、常に心を洗浄しておきたいと思ったわけです。

素敵な映画に出会えた、いい一日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。