プロフィール

kozue

  • Author:kozue
  • 「夢はでっかく 根はふかく」
    日々を大切に、
    仲間を大切に、
    好きを大切に。
名言集100
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/06/07(tue) 届きそうで届かないチェリー

私は大のさくらんぼ好き。
母の出身が山形なので、毎年親戚から佐藤錦を頂くのが楽しみで仕方ない。
甘くて、粒が大きくて、照り輝く果実は、私を最高に幸せにしてくれる。

それとは別に、もう一つ忘れられないさくらんぼの味がある。
それは小学3or4年生の頃の話である。
担任の先生に連れられて、授業中クラス全員が学校の周りに出た。
すると当時40代くらいであっただろう先生が、いきなり桜の木に登り始めたのである。
何をするのかと思いきや、桜の木になっていた赤黒い実を生徒数分もぎ始めた。
その赤黒い実は全員に配られ、みんなジロジロその物体を眺めていたように思う。
「さくらんぼだよ。」と先生に説明される。
「食べてごらん。」
へっ!?これ食べれるのーーとものすごく驚いたことを覚えている。
口に含むと、それは私の知っているさくらんぼの味ではなく、ひどくすっぱかった。
とても美味しいとは思えなったけれど、これが自然の味なのか、と感動したのだ。

職場の教室の窓際に生えた桜の木の実が、鮮やかな赤からアメリカンチェリー色になってきた。
毎日、その実を見てると、その時のことを思い出し、懐かしくなる。
誰もいない時、こっそり取って食べられないかな。 なんて、毎日思っている。
でも手の短い私には、届きそうで届かないんだよね、そのチェリーが。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。